TETSUGAKUMANの挑戦的な日常

映画とか音楽とか自由とか。挑戦しながら生きていく。

ホラー映画「ゲットアウト」がアカデミー賞脚本賞を受賞!

なななんと、あのアカデミー賞でホラー映画が賞を受賞。

 

ゲットアウト!

詳しくはこちらをご覧ください。

 

しかも、脚本賞!

どういう意味だかわかりますか?

 

脚本が良い=設定が見事でどんでん返しがはんぱない!

 

ということになります。

必見でございます。

 

 

惜しくも逃しましたが「作品賞」「監督賞」「主演男優賞」にもノミネートされていました。

ただの話題作りだと言われていましたが、受賞して会場は最高にヒートアップしたようです。

 

イライラ多め。

グロ少なめ。

予想を超える展開に頭を抱えてください。

 

個人的に主演のダニエルカルーヤが最高。

他にも「ボーダーライン」「ブラックパンサー」に主演し、目の座った良い表情をしている。

 

特に!

違う授賞式ですが、登壇するダニエルとブラックパンサーの主人公(通称:陛下)がワカンダ式敬礼をするところが最高ですね。

 

 

 

はー、映画っていい。

 

今回は作品賞にギレルモデルトロ(パンズラビリンスなど)が選ばれた。

その他は各自ご検索ください。

 

作品賞に怪獣物、脚本賞がホラー映画と結構異例だったと思います。

 

ホラー映画は過去に一度だけ「羊たちの沈黙」が作品賞などを獲得。

それ以外は基本的に大きな賞を受賞しない。

 

なのでこれで話題性も上がり、ツタヤの入荷も増えるのではないでしょうか?

4・11レンタル開始です!