TETSUGAKUMANの挑戦的な日常

映画とか音楽とか自由とか。挑戦しながら生きていく。

小林太郎の歌いきりがたまらん。紹介する。

みなさん、小林太郎を知っているだろうか。

カッコいいのに名前が「太郎」。

ははは。

音楽がカッコよければ名前がカッコよくなる。

 

まずはほぼインディーズの時の曲。

アルバム「Orkonpood」より爆発曲「ドラグスタ」をどうぞ。

荒い!荒々しさ全開!

それが快感。

ビンビン来ます。

 細かい経歴などは他のサイトを参照してください。

ここではフィーリングのみを評価します。

 意見もビンビン、声もガンガン。

おい、ヤバい奴が出てきだぞ!

しかもフライングヴイ使い。

 

このアルバム、かなりクセが強。

なぜなら「安田さん」と「美沙子ちゃん」という曲がある。

なんじゃそりゃ!と、思いますよね。

でも、最高なんです。

お聞きください。

小林太郎で「美沙子ちゃん」

圧倒的な切なさ。

歌い上げてくれる気持ちよさ。

カラオケで歌っても最高に気持ちいいです。

なんで、曲名が「美沙子ちゃん」なんだよ!

と、思う。

けど、そのどこに向けるでも無い反抗心のようなセンスがいい。

誰の指図も受けない世界で、突き進んでくれ。

 

続きまして、だんだん成長する小林太郎。

メジャデビューアルバム「マイルストーン」から「飽和」。

フライングブイは譲れない!

ノリがより一層強くなって、せめてきます。

 

これもいいです。

リフで攻めるねー!

 

ちょっと「おや?」と思う進化がこちら。

LUNA SEAのようなギターのかぶせとすっきりと歌を聴かせてくれる構成。

き・・・気持ちいい。

挑発的な顔がかっこいいです。

からのサビの気持ちよさ!

聞けます、何度でも聞けます。

 

というように、どんどん変わる小林太郎。

簡単にですがおすすめさせていただきました。

 

女性ファンが多そうですが、男でも楽しめる「反抗心」「攻撃性」「骨太性」がビンビンです。