TETSUGAKUMANの挑戦的な日常

映画とか音楽とか自由とか。挑戦しながら生きていく。

チャーリーアワード2017

とうとう今年もこの時期がやってきました。

これを書くと僕も年末、年の瀬だなと感じます。

 

興味があれば今までのアワードをご覧ください。

 

今年も暮れてきました、年の瀬です。

まずは今までの授賞を見てみましょう。

2016

2015

2014

2013

2012

 

今年の発表する賞はこちら。

ベストムービー賞

ベストサウンドトラック賞

ベストムービーテーマソング賞

ベストアルバム賞

ベストソング賞

ベストコミック賞

ベストブック賞

ベストゲーム実況賞

 

でございます。

 

では早速見ていきましょう。

 

まずは、今年最初はベスト映画から。

今年は141本映画を見た中から、まずはノミネート。

 

1.ガーディアンズオブギャラクシー Vol2

日本版のタイトルは「リミックス」ですが、あえてVol2と表記します。

ラストで泣いてしまった自分にびっくり。

とにかくノリノーリーで笑えるのにシリアスに仲間割れして、でもラスト・・・

こちらもどうぞ

 

2.グリーンルーム

リアルなバトルっ気のないバトル、脱力しちゃう立てこもりとマジなナチス。

ラストに連れ夜があけるがごとく澄み切っていく情勢。

とにかく犬が怖い。

詳しくはこちらぞどうぞ

 

3.ジャスティスリーグ

笑えるヒーロー映画。

マーベルばかり見てましたがDC最高じゃんと思える最高な作品。

音楽も良かった。

詳しくはこちらをどうぞ

 

4.ライフ

一人一人宇宙で死んでいく映画でこのキャスト。

誰が死んで、次は誰か、生き残るのは、そしてどう終わらせるか。

宇宙で溺れるなんて、絶対嫌な死に方。

詳しくはこちらをどうぞ

 

5.ゲットアウト

最高なホラーでした。

予告でしっかりミスリードして、本編がそれを超える。

ドントブリーズから続く「新しいホラー」はいい感じで繋がっています。

そして、すっきりもする。

詳しくはこちらをどうぞ

 

です。

そして年間ベスト映画に輝いたのはーーーーー・・・

 

 

ダン!

ガーディアンズオブギャラクシーVol2

劇場で3回見ましたからね。

こんなこと言うの恥ずかしいのですが「笑って泣けて最高のエンターテインメント」です。

どうですか、この普通のように聞こえる感想。

でも、最高だったんです。

 

ちなみに、過去作も混合させたオールタイム特別賞はこちら。

「2001年宇宙の旅」

いやー衝撃でした。

1968年の映画ですよ、今でも新鮮、斬新、とんでもない。

詳しくはこちらをどうぞ

 

 

続きまして、ベストサウンドトラック賞。

こちらです。

 

「ガーディアンズオブギャラクシーVol2 サウンドトラック」

もう全編最高な音楽だらけ。

 

続きまして。

ベストテーマソング賞。

 

受賞曲は、こちら。

映画「ジャスティスリーグ」より

Come Togather/Gary Clark Jr

 

現代風でありながら、ギターの形はオールディーズの雰囲気も醸し出す。

ちなみにオープニング曲も最高でした。

Everybody Knows/Sigrid

 

 

続きましてベストアルバム賞。

MIYAVI/Fier Bird

自分でもMIYAVIを聞くようになるなんて意外でした。

でも、アイディアが詰まりまくった最高のアルバムです。

 

そしてベストソング賞はこちら。

Live To Die Another Day 存在証明/MIYAVI

 

続きまして。

ベストコミック賞。

「昭和天皇物語」

ベストブック賞

「天皇は本当にただの象徴に堕ちたのか」竹田恒泰

戦中、戦後の勉強からどんどん派生しまして、天皇、皇室に今一番関心を寄せています。

 

ベストゲーム実況賞。

弟者/バイオハザード7

 

今年の始めですが、バイオハザード6から思いっきり方向性を変えて(戻して)最高のホラーゲームになっています。

 

 

こんな感じですね。

買い物とかほとんどしていないんですよ。

今年は映画ブログを頑張った一年でしたね。

音楽的にもいろいろ新しいのを聞きましたが、圧倒的なのはなかったような。

映画はものすごい当たり年でした。

来年も楽しみです。

 

今年の思い出ベスト3

 

第1位

アメリカ旅行。

ユニバーサルスタジオ行ったり、豪華な映画館行ったり。

最高でした。

 

第2位

ブログで月10万アクセス突破。

ブログの詳しい発表は後日。

映画ブログがニュースアプリに掲載された。

 

第3位

ラジオに中村さんが戻ってきた。

現在3人で話しているのですが、ものすごく楽しいです。

最高です。

聞いてください、毎週金曜日午後9時、なとらじ「オトナ女子オトナ男子」

アプリでも聴けます。

 

そんなところでございます。

来年は人生の中でも激動になる予感。

35歳の記念にライブもやる予定なので、お楽しみに。