TETSUGAKUMANの挑戦的な日常

映画とか音楽とか自由とか。挑戦しながら生きていく。

闇って何色?

未来って明るく輝いて、素晴らしくて、暖かくてそこには全てがある。

みたいな感じで描かれているけど、そこは何もない闇ではないのか。

実態としは闇なのにイメージでは明るく輝いているという想像だ。

いや、むしろ真っ白な闇なのではないのだろうかと考えている。

見えている黒い光が目指すべき未来だとしたらどうだろうか。

先入観で持ってそれを否定してしまっているのではないか。

先入観が怖いというのはまさにそういうことんだと思う。

思い込んでしまったものはなかなか切り崩せないのだ。

ラーメンの感想とか来年の抱負とかそんな事さえも。

驚くほど少ないボキャブラリーで対処してしまう。

勝手に求められた事を差し出しているばかりで。

丸く収めただけのつまらない毎日を作ってる。

だけどもっと面白く楽しい未来を待ってる。

天才と鬼才に頼ってばかりいるのが嫌だ。

だから、できるだけ挑戦するしかない。

失敗と恥と損と虚しさ全てを持って。

昨日よりも良い今日であるために。

たまにこの心を確認するために。

こうやって書き出してないと。

もういいやってなってきて。

考えるのもやめちゃって。

そうなることが怖くて。

だから急に語るけど。

そんな日もあるさ。

不安定でもいい。

みんなだって。

そうでしょ?

それでは。

バイバ。

あれ?

お。