TETSUGAKUMANの挑戦的な日常

映画とか音楽とか自由とか。挑戦しながら生きていく。

右往左往

成就できない事は確信しているが抱いてる。
それは小説家と俳優だ。

小説家は小説が好きだからだ。
今「海賊と呼ばれた男」を読んでいるが、大変面白い。
ちなみに僕は海外小説の日本語訳が好きだ。
なんか、海外のニュアンスを日本語に置き換えた時の違和感が好きだ。
ただフィートとかの記号はメートルなどのなじみのに直してほしい。
前回下手な小説を書いたが、ご愛嬌って事で。
たまに書くと思う。


俳優は映画が好きだから。
いつか突然スカウトされ、やったら天才級の演技が出来ちゃうんじゃないかって。
んなことなるはずもなく、演技なんて出来ないとわかっている。
たまに帰り道追われてるていで歩いたりするが、あれは演技ではないね。
ま、ちょっとした夢ですよ。


でもいつか本は出したいなって思う。
自己満足でもいいから小説書きたい、60歳からでもいいか。

つくづく自分は天才ではないと思うし、天才が嫌いだ。
いや、天才なんていないと思う。
天才で片付けるのは気持ちいいが、卑怯でもある。